雇用調整助成金相談会

5月14日(木)福山北商工会から依頼を受けて、会員向雇用調整助成金の相談会を行ってきました。

私の担当は「加茂支所」。午前10時~午後4時までの5時間、1時間に1組の予約制だったのでしょう、キッチリ5組の相談を受けました。

 

相談は結構時間が掛かるもので、1時間を超える相談になった方が2組出る状況でした(次の予約があるので、早々に切り上げて頂くことになりましたが)。

 

 

感染予防のための仕切り板が準備されています

既に休業に入られている事業所が4社、近日中に休業を行う事業所が1社という内容です。うち1社については、作成中の計画書、支給申請書の記入方法助言求めて来られていました。

 

 

 

 

 

 

何れにしても、中小、零細企業にとって新型コロナウィルスによる景気後退は大きな影響を及ぼしています。我々社労士も専門家として、しっかり貢献せねば、と感じる相談会となりました。

緊急事態宣言発出!!

今日(20日)久しぶりに福山駅に行ってみました。

ビックリです!サンステが臨時休業に入ってました。19日の日曜日から暫くの間休業するとか。

 

 

 

 

テナントも陳列棚から商品を撤去しています。セキュリティーの問題でしょうか。当然ケーキ屋さんには商品が並んでいません。緊急事態宣言が発出されると言うのは、こういう事なんですね。新型コロナウィルスの脅威が迫っていることを切実に感じます。

また、近辺の飲食店も、テイクアウトのみの営業とか、5月の連休明けまで休業という処が多くなっているようです。用事が無い時には外出自粛せざるを得ない状況になってしまいました。

 

 

福山駅構内にある「スターバックス」も臨時休業です。

みんな頑張っていますッ!

新型コロナウィルスの自粛が少しずつ影響を与えつつあるようです。

今日、所用で伏見町界隈を歩きましたが、近頃新しく開業した居酒屋さんを始め、多くのお店が昼食用の「お弁当」を販売していました。

 

 

 

 

 

店内での飲食が敬遠され、業績が厳しいものと思われます。

皆さん知恵を出し合ってこの苦難を乗り越えようとされています。

 

協力できる部分があれば、何とか力になりたいものです。

外出自粛

ここ2月弱、日常や休日に不要な外出はしてこなかったのですが、4月4日の土曜日、井原市の堤桜を見物に行ってきました。

 

20度前後の暖かい陽気の中、土手の両サイドに咲き誇る「ソメイヨシノ」とその花吹雪の中を歩きました。

 

 

 

 

 

初めての見物でしたが、例年と比較して人手は少ないのでしょう。密接な接触となる事も無く、花見をすることができました。もう満足、また暫く引きこもった生活をする事にします。

 

 

 

 

 

 

それにしても「新型コロナウィルス」怖いです。

労働者派遣事業

連休明けの2月25日、労働者派遣事業における同一労働・同一賃金制度について、内容確認のため広島労働局の需給調整課(中区八丁堀)を訪問しました。

今年の4月から開始で待ったなし、です。お国が派遣労働者の賃金下限を規定する事に若干の違和感が有りますが、それを言っても始まりません。

 

 

 

 

 

分かりづらいのが、退職金の設定でしょうか。1時間強の打合せで多少なりとも新制度の理解が進んだように思います。さっそく事業主に説明し、仕組み作りのお手伝いに反映しましょう!

労働保険事務組合・事務担当者研修会

福山職業安定所管内、労働保険事務組合連絡協議会主催の研修会が先日、南蔵王のヴェルデュ都で開催されました。

 

 

 

 

 

 

新年会も兼ねている、との事で短いけれども充実した研修会の後、懇親会へと突入です。15名ほどの参加者でしたが、普段会う事のない方々と良い交流が図れました。

 

 

食事も、おいしゅうございました!!

久しぶりの支部旅行

2月13日、14日の同友会、全国研究集会の翌日から広島県社会保険労務士会福山支部の支部旅行が、伊勢方面で企画され、15日の朝、京都のパーキングエリアで拾ってもらう事になりました。よって、京都へは2泊と相成った次第です。

 

15日は二見ケ浦海岸(夫婦岩)、御木本真珠島見学で終了。

 

 

 

 

 

 

 

夜は恒例の懇親会です。広報厚生部メンバーにより、多くの全員参加型余興も用意され、あっという間に終了。そのまま一部屋に集まっての“研修会”が開催です。

 

 

 

 

2日目は今回の目玉企画「伊勢神宮」の参拝です。外宮、内宮の順で巡り、最後はおかげ横丁で食事、見物となりました。もちろん「赤福本店」でのデザート(?)も忘れてはいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

バスでの移動ですので、移動に多くの時間を割きましたが、その分参加者と多く交流が図れ、有意義な時間を過ごすことができました。

 

全国経営者問題研究集会 in 京都

2月13日、14日と京都で開催された中小企業家同友会「全国経営者問題研究集会」に参加して来ました。

毎年、各県持ち回りで開催されているもので、今回は10年に一度の京都での開催となったようです。

全国から約2,100名の会員が集い、18の分科会、全体講演と1泊2日(と言っても、1日目の午後、2日目の午前なのですが)という、長丁場の勉強会でした。

私は、京大の藤井 聡教授が講演する分科会に出席し、消費税と経済について学んできました。約180名と言う参加者数に、開催者も驚いていました。経済や財政問題には通常参加者が少ないそうです。

内容は、消費税のアップは大問題で、消費が冷え込むのは当たり前。まずは、5%に戻すべき、との持論を展開されました。

 

何れにしても、オリンピック後の景気後退、コロナウィルス問題など景気に対して良い材料は見当たらないようです。

分科会後の懇親会。約2,100名が参加し、大きな会場も満杯です。コロナウィルス、大丈夫でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都です。舞子さん、芸子さんも大勢来られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目の講演会。LINE㈱の執行役員江口 清貴氏による「足元にあるブルーオーシャン」

会社お披露目会

本日(24日)初めて新会社のお披露目会というものに出席して来ました。

 

関与先事業所が設備、社員ともども譲渡され、別会社として再出発したためです。

新会社ともお付き合いをさせて頂く事になり、ご招待頂いたものですから、興味津津で行ってきました。

 

多くの取引先企業が出席されていましたが、畑違いの業種の方々ばかりでいささか間を持て余した、というのが実態でした。

 

MMT(現代貨幣理論)

1月17日の金曜日、広島県中小企業家同友会政策委員会が広島で開催され、MMTについて学びました。

講師に広島修道大学商学部のグェン教授をお招きし、MMTの入り口辺りを説明して頂いたのですが、私は知恵熱が出そうでした。

「現代貨幣理論」と訳すのだそうですが、私たちの通常の考え方、常識では中々理解しずらいものです。財政健全ではなく、経済安定を目指すべきで、累積債務や財政赤字があろうとも、財政破綻をすることはない、といいます(ただし、自国通貨と中央銀行をもち、変動為替制度を行っている政府)。

 

ケインズなど有名な経済学者の理論のイイトコ取り、と言う感じもします。

が、金融と経済が乖離している、富の格差が広がっている日本の様な国にとっては、一考の価値があるような気もします。

 

 

 

 

MMT理論の問題点?